いつかはひとり

40代、趣味なし主婦の独り言

誕生日

飲み会だと言っていた夫からキャンセルの電話。


「何か食べる物ある?」


あるわけないのに、そう聞いてくる。


夕飯はいらないと聞いたから何も用意していないのに
いつでも「何か」食べられると思っているんだろうか?


私しか食べない時は冷蔵庫にある残り物。


その時点で残り物はなくなってしまうんだ。


数日前は静かに過ぎた私の誕生日だった。


夫は忘れているようで普段と同じに過ごしたが
ここ数年、見事に誕生日を忘れられている。


「今年もか・・・」と残念でならないが
これが夫の性格なんだろう。


たった一言「誕生日おめでとう」と言ってくれたら
きっと夫に対する見方も変わるのに・・・


来年の誕生日も悶々と過ごしそうな予感が今からしている。