いつかはひとり

40代、趣味なし主婦の独り言

夫との外出は

かなり久々に夫と街を歩いてきた。


せっかちな夫であるから「待たせちゃいけない」
と、バタバタして家を出るまでが大変だったけど。


天気が良かったこともあり
人も多く駅周辺はとても賑やか。


観光客や若い子、友人と買い物を
楽しんでいる母親世代の女性たち。


何を目的に歩ているのか、私には
そんな光景がちょっと羨ましかった。


昔は歩幅を互いに合わせ歩いたものだが、今は多少の
距離ができても、私も夫も自分のペースで歩いている。


足早に歩く夫にどんどん距離を離されることもあるが
私は追いつこうとする努力をしなくなってしまった。


どのくらい歩いたんだろう。


夫は疲れたようで、家に着いた途端
勢いよくソファーにドカッと座り、
テレビをつけた。


楽しかったのかそうじゃなかったのか
よくわからない夫との外出であった。