いつかはひとり

40代、趣味なし主婦の独り言

小さな期待

べちゃべちゃと濡れた洗面台。


夫が使った後はいつもこうだ。


濡れたのがわかっていながら夫は知らんぷり。


それもいつものことだけど。


どうせ、私が拭くだろうと思ってるに違いない。


夫のそんな洗面台の使い方は
隠す余裕もなく溜め息が出る。


後に使う人のことを考えたら
拭くこともできるはずなのに。


疲れがとれないのは、本来はしなくてもいい
夫の世話をしているからかもしれないと
直感で思う。


そこに嘘はない。


「夫がもう少し〇〇してくれたら・・・」と
小さな期待ほど持ち続けてしまう私であった。